社会を支える仕事が電気工事施工管理技士

3月 9th, 2014

必要不可欠で便利な技術の数々は電気によって支えられています。

そんな現代社会を支える仕事が電気工事士、電気工事施工管理技士、電気主任技術者なのです。

電気工事には大きく2つ、鉄道電気工事と建築電気工事があります。

鉄道電気工事は電気を送る架線、安全運行を支える信号システム、踏切、駅の照明・通信設備などを施工・保守管理する仕事。

電力を供給する発電所・変電所に至るまで、様々な電気設備があり、鉄道施設での電気工事を行う業者は限られています。

建築電気工事は、工場、ビル、事務所、病院、住宅、それに官公庁の施設や教育施設など、あらゆる建築物の屋内外電気設備の設計、施工、保守管理をする仕事です。

変電設備などの電線施設・配線、大型機器の制御回線のメンテナンスまで、幅広い仕事があります。

詳しくは電気工事施工管理の求人・転職情報を確認

なかでも、電気工事の施工を行う際の工事計画や施工図の作成などに従事する専門家が電気工事施工管理技士です。

電気工事の施工日程や工事の計画や施工図の作成、工事の工程・品質・安全の管理などの仕事があります。

電気工事施工管理の求人情報は、無料転職サービスなどもあり、とても充実しています。

他にもビルなど電気を扱う場所の配電設備や配線などの保管監督を行う事のできる資格の電気主任技術者の資格などが電気関係ではあります。

Comments are closed.